onsa10_web2-01

協同企画展 おんさ vol.10 平面・映像会場

2017.7.22(土)-2017.8.5(土)13:00-19:00

会期中 火・水曜休

「おんさ展」は関西の複数のギャラリーが 一年に一度、協同で開催している多人数参加の公募展です。

今年で10回目の開催となります。集まった作品を「平面」「立体」「写真」「映像」「音」「言葉」のジャンルに分け、 7月10日~8月13日の期間に7つの会場で展示をいたします。

音叉は弦楽器の調律に使用されるU字型をした道具です。複数の音叉を用意し、ひとつだけ叩いて音を鳴らすと、音の振動が離れた場所にある音叉に伝わり、音が鳴りはじめます。これを共鳴と言います。本展ではこの共鳴を起こす源である音の振動〈響き〉をメインテーマにしています。

離れた場所にあるギャラリーが同じ目的を持ち、協同で展示を行うことで、場と場の共鳴が起こり、そこから作家と場、作家と作家、作家と観賞者、作品と観賞者というように響きの連鎖が広がっていきます。ギャラリーがひとつの音叉であり、作家や作品、そこに訪れた人もそれぞれが音叉です。文化は作られるものではなく、人と人が関わることで自然発生的に生まれ、ゆっくりと育まれていくものだと考えています。

ここから生まれた共鳴もそれぞれは小さな音かもしれませんが、それが文化の源になり、ゆっくりと育まれていければと願っています。今年も「おんさ展」からそんな“響き”の発信を続けていきます。

hitotoでは平面作品と映像作品の展示をおこないます。

詳細は近日中に掲載いたします。

第10回 協同企画展 おんさ
http://onsa-pr.info/2017/entry/

facebook
https://www.facebook.com/onsaproject

twitter
https://twitter.com/onsa_pr